注文住宅がおすすめ

注文住宅の情報サイト

注文住宅の間取りの考え方

注文住宅の間取りの考え方 建売住宅とくらべると注文住宅は、自分たちの理想の外観や間取りや内装に仕上がることが出来ます。では、快適な家にするためにはどんな間取りが良いでしょうか?それは、将来性を見据えることです。例えば現時点では、若い夫婦だけかもしれませんが、子供が生まれて兄弟がたくさん増えるということもあります。それで、将来性を考えて子供部屋を確保したり、子供が増えても部屋を2つに仕切れるような工夫をするとよいでしょう。もし、子供がすでに成人したご夫婦が注文住宅を建てるのであれば、老後のことを考えてスムーズに動けるようにしたり、ベッドを置いたり介護者もゆったりと介護できるようなスペースを確保することが出来ます。注文住宅は、完成してみないと分からない部分がありますが、それでも自分たちのオリジナルの世界でたった一つだけの家ですので、ぜひじっくりと考えて慎重に設計しましょう。そうするなら快適で満足のゆく家が仕上がります。

注文住宅であってもプランが提示されることがある

注文住宅であってもプランが提示されることがある 注文住宅は注文した人が自由に間取りやデザインなどを決めることができる点が、建売住宅などと比較したときの最大のメリットとされています。しかしあまりにも自由すぎるのも考えもので、逆に希望の条件にぴったりとした住宅のイメージが固まらないといったことも珍しくはありません。当然ですがこれからマイホームを建てようとしている人の多くは、家づくりに関しては素人も同然の場合が多いはずで、いきなり専門分野に近づこうとしても無理があるのはたしかです。そこで注文住宅のメーカーでも一定のプランをあらかじめ用意しており、このようなプランのなかから顧客に選ばせるスタイルをとっていることがあります。もちろん種類は豊富でコンセプトも工夫されていることが多く、家事動線を重視したもの、子どもの成長にあわせたリフォームや拡張の余地を残したもの、納戸やクローゼットなどの収納力にすぐれたものなどのバリエーションがあるのがふつうです。

新着情報

◎2020/10/28

取り入れたいこだわり
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「住宅 間取り」
に関連するツイート
Twitter